飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト

飛び込み営業力の強化
■飛び込み営業のコツ
飛び込み営業は嫌い?
飛び込み営業の効率
どうしたら売れますか?
セールスの組み立て
マニュアルについて

■セールスのコツ
瞬間防御を崩せ
一辺倒の説明をしない
リサーチせよ
ダメだしトーク禁止
気持ちがグラつくな
セールスのスランプ

■飛び込み営業の実践
一瞬で決める飛び込み営業
小脳営業のコツ
成功する営業マニュアル

◆アプローチステップ
アプローチのコツ
特定商取引法の遵守
法人向けアプローチ
個人向けアプローチ

◆セールスステップ
セールス(商談)のコツ
イメージを膨らませる
クロージングのコツ

■他のツールとの融合
テレアポ・電話との融合
ルートとの融合
ネット戦略(サイト)との融合
小冊子・チラシとの融合
ポスティング
ドアコールって何?
ドアコールのコツ(ポイント)


◆セールスのコツ
一辺倒の説明をしない

瞬間的な防御を乗り越えたら次に、一辺倒の説明をしないことです。
商品の説明を長々としてしまうとお客様は飽きてしまいます。

まだ聞く気になっていないからです。

お客様と会話のキャッチボールをしていきます。
投げたら、投げ返してもらいます。
投げ返されたものをまた投げ返します。

この時にお客様の反応を見ながら、会話のボールを返すのですが、コツがあります。

実際に自分が動くのではありませんが、会話のボールを自分自身が移動しながら、お客様に動いてもらうのです。
つまり、興味関心へ移行していただくわけですね。

会話のキャッチボール

会話をしていくには感情移入をしていきます。
ここが重要な部分です。

説明を聞く気がないときに説明をしても全く反応が取れないのです。
反応が取れないまま、説明が終わるとほとんどが、断りか、「考えておきます」という答えがきます。

「考えておく」この言葉の本音を取れるには順序があります。
会話をしていかないと親しみ、人間性が伝わらないので、余程商品の知名度やもともと興味がお客様にないと興味は起きません。

話を聞くのが興味があると思う人は、俺はダメだと思う人よりは良いけれども、もう少し精度を上げる工夫が必要です。

説明は会話でしていく工夫を考えましょう。

説明を会話で

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved