飛び込み営業研究会は、飛び込み営業のコツとマニュアル、ノウハウ提供
飛び込み営業のコツと成功
飛び込み営業の成功方法をマスターして売上アップ
 HOME飛び込み営業の基本飛び込み営業力強化コンサルティングお問い合わせ会社案内
一瞬で決める飛込営業のコツを研究するサイト


飛び込み営業の基本
■はじめに
なぜ飛び込み営業か?
お客様が目の前にいない
実は教える人が少ない
成功する飛び込み営業

■飛び込み営業の種類
法人向けセールス
個人向けセールス
商店向けセールス
ターゲット別セールス
マーケティングに

■飛び込み営業マインド
セールスにおける共通
どの程度の積極性
雷雨のごとき消極性
売れない理由
売れない時の努力の順番
否定的な言葉に惑わされない


◆飛び込み営業
マーケティングに活用

飛び込み営業の目的は通常は、購入や契約です。しかし、新商品開発や市場調査などにも飛び込み営業は活用できます。

大型専門店や量販店など新規取引先獲得の場合でも、末端のショップ様から攻めていく手法です。

普通は本部の統括、もしくはバイヤーになるはずです。
お会いできた時が勝負ですので、それまで、アンケートや市場調査を飛び込み営業を活用します。

・OEM
・他店との競合状況
・陳列形態
・類似商品の動向
・広告形態

こういったものから、企画書をまとめてプレゼンしていきます。
各ショップ様でも、こまめに訪問できれば、提案や意見など頂戴できます(これがOKの場合に限りますが)
そういう現場の声と企画を進行させていきます。

また既存の購入者や契約者のところへ訪問した時に、お客様の声を頂戴して、販売促進ツールに活用もできます。

アンケートを集めていくと新商品開発や販促品、グッズなどにも有効です。

市場調査の部署の人は、競合の価格や陳列、商品、販促品、チラシのチェックや宣伝手法をかなり研究しますが、飛び込み営業の双方向性をうまく利用すると、売上アップに繋がります。

営業部門、サポート部門、開発部門など多くは部署別に動いていますが、ひとつの商品やサービスとして考えると、どの部署でも飛び込み営業をすると、新商品の開発、マーケティング、フォロー、が出来ます。

紹介などにも多く影響すると思いますし、それぞれの立場から別部署の意見を言えます。

サポートから、営業部隊に、全然顔を見せていないようなので、定期訪問をしたらどうですかとか相互コミュニケーションも良くなると、自然に社内全体に売上アップへの統一感が生まれます。
活用次第

飛び込み営業のスキルアップに無料メルマガをお役立て下さい。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※

飛び込み営業研究会のトップ / 営業の悩み解決!尾島塾/ お問合せ・お見積り・仕事依頼

Copyright Egaolife.jp All Rights Reserved